ポルトマン


INTERVIEW No.38 2017/09


ポルトマン


oi oi叫び続けて名古屋で11年。 「楽しい」を軸にやり続けたポルトマン初の音源完成!!!

Vo.MASAHARU / Gt.TOMOKAZU / Dr.takashi / Ba.DAISUKE


■初めまして。まずはポルトマン結成の秘話を教えてください。   t:先輩バンドに「ライブあるから出なさい」って無理やり誘われまして(笑)1ヶ月あるから間に合うかなーって。 〜一同爆笑〜   ■バンド名の意味は?   t:ポルトマンは生物学者のアドルフ・ポルトマンの名前なんですよ。オリジナルメンバーみんな保育の学校に行ってまして。一番最初に習ったのがアドルフ・ポルトマンの生理的早産だったんですけど。それが印象に残ってまして。   ■皆さん楽器を始めたきっかけは?   D:僕は高校の時に遊びでBOOWYのコピーやったりして遊んでたくらいなんですけど、そのままズルズル(笑) h:僕は全然ギターやりたくなかったんですけど友達が「やろうぜやろうぜ」しつこくて渋々買いまして。そいつがすぐ辞めちゃいまして(笑)たまたまtakashiと職場が同じで5年くらい前に誘われてポルトマンに入りました。   ■ポルトマンの結成っていつなんですか?   t:結成は2006年の9月23日なんですよ。こっそり10周年終わってました(笑) D:終わってから気づいたよね?   ■かなり長いんですね?でもこんなにキャリアあっても「その日1日を楽しむ」ってスタンスはずっと変わってないですよね?   t:まだギターもヴォーカルも今のメンバーじゃない時に名古屋MUSICFARMのPAさんに「君たちみたいな下手なバンドは全バンド見なさい!」って怒られまして(笑) D:それ以来リハも本番も全バンド見るようになりました。   ■その楽しむってスタンスは楽曲にも活かされてますよね?   t:主に僕が作るんですけど。あとはセッションからとか。   ■ポルトマンってセッションで曲作ってるんですね?   t:あー。カバーからというか(笑) 〜一同爆笑〜   ■まあリスペクトということですよね!   t:勢いと楽しさ!これが重要なんですよね。 D:11年経っちゃってますからね。   ■新曲が全然増えないポルトマンですが?   t:おかげでみんな曲覚えてくれて歌ってくれます(笑)CDも出してないのに。 D:1番を繰り返して2番とか(笑)   ■そしてその楽曲を歌っているヴォーカルがサポートなんですよね?   t:本当は女性ヴォーカルがいいんですよ。 〜一同爆笑〜 M:もう7年サポートヴォーカルやってます。そろそろヴォーカル探しなよって思ってるんですけどね。本当の僕の仕事は彼らの物販を作ることなので(笑) t:そうなんです。物販はめちゃ頑張ってくれてるんですけど。なぜか売れれば売れるほど赤字なんです。   ■全然計算してないじゃないですか(笑)ちなみに静岡の某所でポルトマンのステッカー見たことありますよ(笑)   t:全国津々浦々いろんな所にポルトマンステッカー貼ってあります。いろんな人にもあげてますし。 M:そのおかげで出たことのないライブハウスにもいっぱい誰かが貼ってくれてるんですよね(笑)   ■謎の布教活動が広がっていますが。なぜここまで音源を出さなかったんですか?   t:まあ聞きたかったらライブハウスに来い!という現場至上主義。って訳でもないんですけど。あんまり家でじっくり聞いて欲しくないんです(笑)   ■めちゃめちゃ後ろ向きな理由じゃないですか(笑)実際11年やってきて初めてのレコーディングはどうでしたか?   t:本当はもっとやりたい事いっぱいあったんですけどいろんな重圧に負けた気がします。 D:ギターは早かったよね? T:そうですね。納得いく感じにはなりました。 M:サポートなので僕は最後の最後までレコーディング嫌だったんですけどね(笑) t:実はレコーディングしてみて気づく事もありまして。11年やってきた楽曲もスタジオで少し変化が起きるみたいな事もありました。   ■11年目の真実ですね?   t:正直な話。ポルトマンっていつ終われるのかな?って思ってるんです。だから終わるまでにやった事のない事を一つ一つクリアしていこうってのが今の目標でして(笑) T:いつまでも「oi oi」やれないよなと(笑) D:終活というか(笑) t:後ろから3人の背中を見続けてきて「オジサン達が何やってるんだろう」って冷静に思う時ありますからね 〜一同爆笑〜 M:僕に関してはサポートなので怒られるくらいなら新しいヴォーカルを!と思ってるんですけどね。 t:もう7年やってても歌詞忘れるんですよ。次忘れたら腕にタトゥー入れさそうかなと   ■そういう事言ってるバンドが実際全然辞めないんですよ(笑)さあ11年やってきて初めてのレコ発が控えてますね?   t:ただ普通のCDって出し方ではリリースしないのでそれは当日のお楽しみな感じです。 T:いろんなバンドのレコ発には参加してきたんですけどね。ドキドキです。 D:他のバンドのレコ発なのにトリをやった事もあります(笑)   ■最後に今回リリースする「HAPPY DAY」これはどんな楽曲なのでしょうか?   t:みんなで大騒ぎして楽しむ楽曲になってます。わからなくて手を上げてれば自然と楽しめる楽曲になっていますのでぜひチェックしてほしいです!