絶叫する60度 feat.ザ・ヒーナキャット


ライヴの鬼とメロディーの神がガッツリ手を組んだ! 二組の異端の交わりは新しい価値観を作り出す昭和歌謡、パンク、メタル、フォークを飲み込んだ1枚 「絶叫するヒーナキャット」完成!

Interview are Vo:魁(絶叫する60度) Mg:濱田(公式)


■絶叫する60度は昨年リリースしたミニアルバム「剥」が転機にはなりましたよね?

濱田:なぜ「剥」をやったか。I love you Orchestraというインストバンドとコラボしたわけですけど、一般的にはどちらかと言えば分かりづらい。
魁:正直な話、ライブでも歌いにくい。
濱田:「絶叫する60度は音楽に対して常にチャレンジしたい、無難に曲作ってなんとなくやっていくわけではないよ」って示したかったんです。「剥」の内容が決して絶叫が一番やりたいことではないにしろ、どうせやるなら「振り切りたい」そんな気持ちもあって制作した1枚でした。アーティストとして魁ともんてろが鍛えられたって意味では凄く意味のある事だったと思ってます。

■ライヴの運び方を見ても、絶叫する60度がアーティストとして進化しましたよね?

濱田:魁ともんてろとヴィジョンの擦り合わせをした時に2人の意思は「バンドとしてやっていきたい」だったんです。「一度そっち側にいったらもう戻れないぞ?」「ヘタしたらまた1から出直しだぞ?」と何度も確認した上での今のスタンスです。

■絶叫する60度の方向性が固まったという事ですよね?

魁:自分たちがやってて楽しそうって思ったことをやりたい。
濱田:絶叫する60度って「面白い」を発信するのか「熱い」を発信するのか?どうしたいの?ってよく僕が聞かれるんですが、そもそも絶叫する60度は僕の意思だけで動いてる訳ではなく、2人の意思を尊重して動いてるんです。「剥」はI love you Orchestraと演りたいという意思を伝えてきたから実現しましたし。本人たちが本気で取り組んできたからこそスタンスが変わり、徐々に固まっていったって事は間違いないです。

■実際LIVEであんまり演ってない楽曲を先にリリースして、聴いてきてもらってLIVEでやるっていうパターンは絶叫する60度としては初の挑戦でしたよね?

魁:うん。かなりの賭けではあった。
濱田:一つ言えるとしたら魁ともんてろが初めて「自分たちで作った」という達成感を持った音源にはなったんじゃないかと思います。あの作品から歌詞も書き出しましたし。

■それが自然発生的に出たきたとは思ってなかったです。予定調和を壊したいとかそんな気持ちが籠っているのかと感じていました。

濱田:僕個人でいうとそういう気持ちもあります。その時その時にカッコイイと思ってる事は全部取り入れちゃえばいいし、常に周りを裏切りたいって思考はあります。I love you Orchestaの白水くんが「一緒に演らない?」と言ってきてくれた時は嬉しかったしワクワクしました。「剥」がピンとこなかったお客さんもいたかもしれないですけど、また「剥」的な曲調もたまにはやりたいなと思ってます。

■ザ・ヒーナキャットとの47都道府県ツアーが発表されました。僕の中では濱田さんは47都道府県を一緒に周れるバンドを探していたようにも見えましたが?

濱田:正直そうかもしれないです。ただ準備段階ではワンマンで周るつもりでした。でもある時、ザ・ヒーナキャットのひーちゃんが「絶叫する60度の曲を作っちゃった」って話をして来てくれて。そこきっかけで「じゃあ1枚音源出そうか?」って流れから「そう言えば47都道府県ツアー行くけど一緒に行く?」って聞いたら「行きたい!」と。

■47都道府県にこだわった理由ってなんなんですか?

濱田:今まで絶叫する60度って40都道府県くらいまでは行けていたんですね。ただ逆にここまで来ると行けていない県に行くきっかけがなかなか無いんです。だから動機としては全都道府県に行くためにはこれしかないだろうと。最近同じ地域でばっかり演ってるなって感覚もありましたし。

■6月にはイギリス公演も入りましたし。

濱田:正直な話。海外からのオファーは今までも結構あったんですけど怖かったというのが本音です。ただ絶叫にはイギリスのファンもいたりしてて。僕らの活動方針のひとつに「ライブに来てくれている人の住んでる街に行く」ということがありまして。それで決めた感じです。逆にあんまり縁のない国からのオファーだったら決めてないと思います。

■話を今作の音源に移したいのですが、ザ・ヒーナキャットが曲を作って歌詞を絶叫チームが書くという分担で今作は制作された訳ですよね?

濱田:普段から魁は歌詞を僕にたくさん送りつけてきてまして。
魁:でも今回の「粒」だけは曲を聴いてから書きたいって思って書いた詞です。
濱田:前作と違い、今回は自発的に「書きたい」って言って来て締め切りギリギリで出来たという。この「粒」に関しては僕が全く手を加えていない。共作では無く魁だけで書き上げられた詞です。

■今までは最終的に濱田さんが整えるという作業があったわけですもんね?そこを「粒」はスルーしたわけですね?

濱田:僕達には決め事があって、3年間は全て面倒を見るよと。ただし4年目からは自分でやらなきゃダメだという。「三年days」という楽曲を大切にしているのもそういう事で。バンドだってインディーズ時代は全部自分でやっている訳じゃないですか?だから今回はCDを出すよって話になった時に「詞を書きたい!」って言ってこなかったら書かせないつもりでした。

■魁ちゃんは今作のレコーディングを最初から最後まで立ち会ったんだよね?

魁:楽器だけで音楽が出来上がって行くのがすごく興奮したし、曲ができるのにいろんな人の努力と愛情があって出来てるってわかったし。あっという間に夜になっていった。
濱田:いつまでもこの初心を忘れて欲しくないなとは思います。
魁:ミックス次第で曲の印象が変わるんだってのもわかった。
濱田:ミックスでも意見を言うようになったなと。そういうのって成長ですよね。今回のレコーディングで言うともんてろは立ち会ってないんです。次の時に、もんてろが「立ち会いたいな」って思ったら立ち会えばいいし、そこに興味が無ければ立ち会わなくてもいいし。2人がライヴや音楽との向き合い方を今は考える時期なのかなと。もんてろはパフォーマーとしてライヴに命をかける。それはそれでいいと思うんです。

■2人ともベクトルは違うけどヴォーカリストとして成長しているという事ですよね?

濱田:47都道府県ツアーが終わった時の成長が楽しみですね。逆に成長しなかったらダメだと思います。
魁:変化できる気がする。ツアーに出たら毎回何か吸収してるから。絶対勝ってやる。
濱田:バンドマンに言いたい。ツアーに出ろと(笑)

■最近はMCも大切にしているよね?

魁:伝えたい事がある。いろんな所に行って、いろんなものを見て、いろんな人に会ってるから。伝えたい事が生まれてくる。
濱田:これだけ毎日ライヴしてて、よくも毎回違うこと言えるなと思いますけど。魁には「大阪で○○の事を話したから東京では話さない」とかそういう計算は出来ないので毎回が精一杯。お客さんが魁のMCの着地を待っているという(笑)でもそれがお客さんに刺さっているのかも知れないですね。魁は本も読まないんだけど、余分なインプットが無いからこそ発想の自由があるのかなって思ってます。

■まさに今、絶叫する60度は脱皮を迎えているんじゃないですか?

濱田:大変なのはこれからです。年齢と経験を重ねると伸びしろってなくなってくるじゃないですか?絶叫する60度の成長曲線は落ち着きつつあると思うんです。そういう部分ではツアーは答え合わせが出来るので。ツアーで吸収したいと発言するのはツアーの向こう側が見えているなと。

■狙っているわけではないのに必然的に変わって行っているって事ですよね?

濱田:今までの絶叫する60度はクリエイティブな部分を僕が背負って、魁ともんてろがパフォーマンスを担当していたんですけど、今回は魁もクリエイティブな部分に足を突っ込んでて。
魁:曲作りも始めた!
濱田:こちら側へようこそ!的な感覚ではいるんですけど。パフォーマーであるもんてろとクリエイティブ志向な魁って感じでやりたいことがはっきり分かれて来ている感じがしています。魁が一歩引く事できるようになったかなと。

■最後に改めて「絶叫するヒーナキャット」ってどんなアルバムになりましたか?

魁:ヒーナと絶叫って今までやって来たことは本当に違うんだけど、それぞれの特色を合わせて新しい事が出来たかなと思ってる。個人的には初めて一人だけで作詞もしたし。47都道府県ツアーも初めての挑戦だし。この1枚は「初めての挑戦」「未来への希望」が詰まっている1枚になった。どんな反応をしてくれるのか楽しみ。
濱田:前作「剥」はお客さんに「そう来たか!」って思ってもらえれば正解だったんです。ただ今回はハードルを上げて「絶叫する60度」が今一番やりたい事がこれです!って提示する1枚。このアルバムを「そう来たか!」「あんま良くないね」って言われると結構傷つくなぁって思ってます。漏らしそうな位怖いです。評価されたら嬉しいよりホッとするのかもしれないです。

■本気の絶叫する60度が詰まっていると。

濱田:「早くオリジナルアルバムを出して下さい」って良く言われるんですけど、これも絶叫する60度のオリジナルアルバムなんです。好きなアーティストに曲を作ってもらってそこに命を吹き込む。これが絶叫する60度のやり方なんです。ですよね? 魁:はいっ!(笑)
(2018.04 No.41掲載)

>>>絶叫する60度公式twitter