コトリア


広島新世代からの救難信号! メンバー脱退を乗り越えて辿り着いた答え。コトリア再びはじめます。

Vo&Gt:堀村沙希 / Dr&Cho:川取加代子


■2017年はコトリアにとって激動の年でしたよね?

1枚目よりも重要とされる2枚目のミニアルバムをリリースさせて頂きました。ツアーも久しぶりの場所や新しい土地に行ったりする中で、メンバー脱退などあり3ピース編成でのライブやアコースティック2ピースでのライブ等いろんな形でコトリアを表現する機会もありました。自分達としても新しい事に挑戦するきっかけとなった年になりました。

■ツアー中にメンバーが脱退。その衝撃を乗り越えて辿り着いたツアーファイナルのワンマンはコトリアにとってどんなライブになりましたか?

初めてのワンマンで自分達への挑戦みたいな所もあったのですが、当日はたくさんの人への感謝でいっぱいでした。これからも音楽を続けていきたいと思いましたし、ライブができるという事のありがたさを改めて感じる1日でした。

■そんなツアーで人としてバンドマンとして感じ、思うことがあったと思います。それが今回リリースされる会場限定SINGLEのタイトル「スタート」に繋がると?

「スタート」のタイトル通り、何か新しい事を始める人へ向けて書いた曲です。初めは不安だらけでも、今までの経験や出会ってきた人達が何よりも力になるから思い切って進んで欲しい。そんな内容の曲ですが、自分達自身へ向けた曲でもあるかもしれません。

■今回のレコーディングはどのようなメンバーで行われたのでしょうか?

ベース、ギター共にサポートメンバーに協力してもらい、4人でレコーディングを行っています。

■実質正規メンバーが2人というなかで、バンドとしてクオリティを保たなければいけない苦労や大変さなどを飲み込んで作られた一枚ですよね?正規メンバーが2人だからこその強みはこの1枚のどんな部分に現れていると思いますか?

正規メンバーが2人である事を逆手にとり2ピース編成の曲も収録しています。いろんな形でコトリアを表現した、シングルですが中身は厚いそんな1枚になったと思います。

■このM-1「スタート」はコトリアにとっても節目というか重要な意味を持つ楽曲という事になりますよね?

敢えて前向きなバラード曲をタイトル曲に選びました。先程も言った通り、自分達をはじめ、何かにチャレンジする人へはもちろんですがまだコトリアを知らない方や応援してくれる方、たくさんの人に聞いてほしい曲です。

■M-2「その声のする方へ」についても教えて欲しいです。

久しぶりのアップテンポで勢いのある楽曲です。CDでも聞いて欲しいですが、特にライブで一緒に楽しめる曲だと思うので、是非ライブでも聞いてほしいです!

■さてこの会場限定の1枚を持ってまたツアーに回りますね。今回のツアーでコトリアが全国のみんなに伝えたい事ってどんな事なのでしょうか?

昔からコトリアを知ってる人にも、今の新しいコトリアがまた違って楽しんでもらえると思うので、より多くの方に知ってもらいたいです。感情の表や裏を表現した楽曲ばかりなので、その世界を楽しんで頂けたら嬉しいです。

■今後のコトリアのビジョンについても聞かせてください。

今コトリアはバンドとアコースティックの2つの形態でライブを行っています。バンド「コトリア」と同じくらいアコースティックの「コトリア」も知って頂けるよう頑張っていきたいと思います。

>>>コトリア公式webサイト