BACK LIFT


結成10年にして新たな種をまいてから1年。 常に進化を告げて来たBACK LIFTが辿り着いた答え 「Reach」完成!
都築 HEAVIN 史生(Ds,Cho) /小林 KICHIKU 辰也(B,Vo) / 深谷 YU-PON 雄基(G,Cho) [L↔R]


■前作「Seedimg」のリリースからおよそ1年。BACK LIFTにとってどんな1年だったと感じていますか?

KICHIKU (以下K):前作のツアーでしっかり種を蒔けたからこそ、関係者の方からも、リスナーの方たちからの声も今までと少し変わって来たなって実感してます。だからこそ自信も更に付いて来たし、新しく仲間が増えたり、昔の仲間が帰って来てくれたなって感じてます。
YU-PON (以下Y):Seedingが自分ら的にもすごいいい作品ができたと思っていて、ライブもたくさんやってかなり自信のついた1年になりました。
HEAVIN (以下H):Seedingをリリース。そのリリースツアー&アフターツアーをして、またそれとは別に10周年企画を各地でうって、自主企画”少年少女秘密基地FESTIVAL”を今年も開催して、とにかく動きまくった1年だったと思います。

■ツアー含めてBACK LIFTの種まきが確実に実って来ている感覚はありますよね?

K:確実に実感できてるのと、少しづつネクストステージに向かっていけていて、改めて楽しいです。
Y:そうですね!個人的にもなんというかツアーや企画で自分のプレースタイルもようやく固まってきたイメージで3人ともかなり脂のってきてると思います笑
H:そうですね。確実に実のある一年になったという実感はあります。

■そんな中で今作「Reach」がリリースされる訳ですがまずこの「Reach」と言うタイトルに込められたメッセージとは?

K:一番は、”ようやくここにたどり着いた”って感じなんですけど、「帰って来た」って感じじゃなくて、僕らなりに遠回りして寄り道もいっぱいして、今ここにたどり着いたなって感じですね。それと今のこの僕らをもっと届けたいって意味も込めてます。あとは響きがカッコいいなっていう単純な理由です。笑
Y:文字通り、新境地にたどり着いたみたいな意味ですね。たくさんのライブや経験を経てまたぼくら3人新しくなって進化しているぜというメッセージこめてます!もちろんまだゴールではなく通過点なんですけど!

■今作聴かせていただきました。BACK LIFT節全開の1枚になっていますね。印象としては2ビートのドラムの聴こえ方が今作はスネアを前に出して来たなと印象でした。他にも前作との違いなど音の部分でのこだわりはあったりしたのでしょうか?

K:音が良いんですよね~(自画自賛)。でも、録りからミックス、マスタリング、好きな人たちの元でやらせて貰っていて、僕たちのことをよく分かってくれてる人たちなので、僕らに合った音になってると思います。前作の「Seeding」よりももちろん短いので、聴きやすさは残しつつ、1曲1曲パンチが出るように仕上げました。ロー感と輪郭のバランスが良いなと思います。
Y:ギターに関しては前回とセッティングはさほど変えてはいないのですが、曲によってスピーカーを変えてみたり色々試行錯誤はしてみました!
H:そうですね。前作Seedingはフルアルバムということもありアルバムを通しての聴きやすさというのも重視した音作りになってたと思うんですが、今回は曲にもよりますが、パンチのある音作りにはなっていますね。

■BACK LIFTはアルバムの中で特に1曲目にどの曲を置いてリスナーにどう聴いてもらうかを大事にしている印象があります。そう言う意味でも今回もM-1「Dawn」はぴったりな楽曲ですよね?

K:「Dawn」に関しては元々は20秒でした。笑 でもショートチューンにイントロ付けたいって話になって、CDで聴いてもライブで聴いてもテンションが上がるイントロを作りました。これから色んなものをひっくり返しに行くって曲なので、1曲目にもってこいですね。
Y:かなりショートチューンなんですが、自分がライブで聴いたらあがりそうなイントロをつけてみましたね!
H:ショートチューンでドラムフィルから始まり疾走感あって勢いのある、まさにミニアルバムの1曲目にふさわしい楽曲になったと思います。

■その流れでM-2「Because of you」も突き抜け感のある名曲ですが歌詞はメッセージ性がとても強いですよね?

K:この曲のイントロはあえて1曲目に似せました。1,2曲目が繋がってるイメージで助走付けて飛ぶイメージでした。メッセージも、10年間バンドをやってこれた自分を見返して書きました。無我夢中になるとストイックにはなるけど周りに対しても盲目になるし、少し我に返ると、周りの人たちの支えがすごいことに気づかされます。躓きもするし、悩んだりもするけど、「LOOK UP TOGETHER」(FOR YOU FOR US収録)の時のことを思い出して書いた部分もあります。忘れがちな気持ちを取り戻して、でももう自分たちの為だけじゃないんやなって思って書きました。
Y:かなりイントロから爽快感のある曲になってます!意外とサビはノリのよい8ビート推しで名曲ですね!

■M-3「Reach」はタイトルチューンにもなっている楽曲です。BACK LIFTメンバーにとってこの曲はどんな曲なのでしょうか?

K:僕らにはあまりないメロディーと哀愁さなんですが、届きそうで届かない、伝えたいことイメージしてることが上手く伝わらない、でも日々後悔したとしても「明日こそは」って折れずに何度も届けたいって曲です。今までの曲にないメロディ感やけど、僕ら節が出てるなって思います。
H:この曲は哀愁あって大好きな曲になりました!BACK LIFTにとって新たな名曲ができたと思います。

■M-4「Screaming」はBACK LIFTの楽曲の中でもLIVEでのノリに比重を置いてある楽曲だと思って聴いていましたが、歌詞の内容を読んでいくと実はこのアルバムの中でも重要なメッセージが込められていますね?

K:やっぱりこういう曲は僕らの代名詞でもあるので、ルーツの90’s感のある3コードの曲は入れていきたいなとは思ってます。メッセージ的にも、お人好しとか優しすぎる人間は損するんですよね。でも別にそれが悪い訳じゃないんですけど、ただ大事なところも譲ってしまうような優男じゃ、自分の大切にしてるものも守れないなって思ったので、自分の時間は誰にも譲らないって思いで書きました。あと、このアルバムで一番難しいです。笑 ライブでは絶対楽しいと思います。
Y:ものすっごい速いんですこの曲!BACK LIFT史上最速のカッティングの嵐で何度か右手とれました!笑

■M-5「Cheers Mate」はBACK LIFTが乗り越えて来たたくさんのバンドマンとの絆の曲ですよね?

K:もちろんその気持ちもあるし、身近な仲間に歌った曲でもありますね。結局は僕らも男の子なんで、別れ際でも涙なんか見せたくないし、最後までふざけてバカして「また会おうぜ」って気持ちでいたいですよね。でも心の中では「お前の分もやれるだけやる」って想いでいる感じですね。要は、照れ屋なんですよね。笑 自分の中でもこの曲好きです。

■M-6「New Old」アルバムの中でこの立ち位置の楽曲が入ってくるのもBACK LIFTらしいですよね?LIVEでも定番チューンになりそうですね。このアルバムをリスナーに届けてBACK LIFTのLIVEはどのように進化していくと思いますか?

K:スカチューンは、僕らのルーツを出しながら要所で大切にしてきたアレンジなんですけど、一曲ぐらいツイストできるような曲がこの時代にあっても面白いやろなーって思って作りました。笑 YouTubeとかでツイストをしてる革ジャンを着た方たちの動画を見ながら、現代の子でも踊れるようなテイストにしました。ツイストしてください!
Y:これはかなりノリでスタジオで笑い転げながら作りましたね笑 こういうダンシングチューンもおりまぜることでさらに一体感のあるライブができるようになるのではと思います!歌って踊って、ぼくらのライブでしか味わえない空間をもっとたくさんの人と共有したいですね!

■M-7「Days go by」をアルバムの最後に置いた意味とはどんな事なのでしょうか?

K:この曲が一番最後にできたのもありますが、最近の風潮で「あれもダメ、これもダメ。」な感じで、何かすれば揚げ足を取られて、新しいことをしたらチャラく見られて、そうなると息苦しくもなるし怯えて何も出来なくなるなって。もちろんそうじゃなくて本質を見てくれる人たちもいっぱいいますし、そういう人たちのことを信用して大事にしたい。やから怯えずに、心無い人じゃなく、心鳴る方に行こうって曲で、メロディ的にも最後が似合う曲だなと思います。

■ありがとうございます。最後に改めて「Reach」3人にとってどんなアルバムになりましたか?

K:とにかくめちゃくちゃかっこいいアルバムになりました。今までやってきたことに開き直ってやれたので、物凄く自信もあるし、素直にカッコいいと思って貰えると思います。 もっともっと届けていくので、ぜひ触れてください!
Y:毎度同じこと言ってると思いますが、また過去最高傑作、更新できたと思います!疾走感とたまになんとも言いにくいちょっと切なさげなメロディとキチクの真っ直ぐな言葉、メッセージがきっとリスナーの皆さんの心に響くはずです。ここからまた心機一転変わっていく大切なアルバムになりました!是非たくさんの人に手にとって聞いてほしいです!
H:僕たちらしい勢いのあるアルバムになりました。これ聴いたらライブに来たくなること間違いなし!是非聴いて下さいね!
(2018.10 No.44掲載)

>>> BACK LIFT 公式webサイト