LONGMAN


およそ1年のVoさわの喉の治療による活動休止を乗り越えて、LONGMANがシーンに帰ってきた。 キャリア史上一番時間を掛けて制作された1枚は復活第一弾にして最高傑作!その名もWALKING。 現在進行形で彼らは群雄割拠のシーンを今、歩いてる!
(L→R) YUKI HORIKAWA(Dr&Cho) / SAWA YORIKI(Vo&Ba) / HIROYA HIRAI (Gt&Vo)


■およそ1年のライブ活動休止の期間でしたがこの期間は3人にとってどんな期間でしたか?

平井:これまでずっと追われる日々だったのが、いきなり目標やすることがなくなってしまったので最初は放心状態でした笑 でも、休止する以上、結果的には休止してよかったなと将来言えるように復活を見据えて虎視眈々と曲をつくってました。
ほり:休むからには復活したときに成長してないといけないと思ったのでドラムレッスンに通ったりとスキルアップを頑張りました。
さわ:私はただただ辛かったです。笑 でも、この期間があったからこそ今回のアルバムをより高い完成度で出すこともできたし、アルバムに収録されてない曲もいいやつがたくさんできて、バンドとしては良い充電期間にできたのかなと今になって思えます。

■そんな期間の中で新たに気付いた事ってあったりしましたか?

さわ:平井さんが思ったよりも繊細なことに気付きました。笑 私の症状を逐一報告してたら平井さんにうつっちゃって平井さんも2ヶ月くらい歌えなかったんですよね。普通はうつるはずないのに精神的に弱いのか感受性豊かなのか、、笑
平井:いや〜治ってよかったです笑
ほり:やりたくてもできない状況を体験したことでライブのできる喜びやファンの方々ありがたさを再認識出来ました

■以前のライブのペースで考えるとこの期間は正直ライブしたかったですよね?

さわ:めちゃくちゃしたかったです!一時はツイッターでライブ動画やライブ関係のツイートを見てしまうことすら辛かったです
平井:同期のバンド達もどんどん進んでいくし、1年あるとシーンも結構かわってくるのでその辺の焦りは正直けっこうありましたね。

■改めてミニアルバム「WALKING」は3人にとってどんなアルバムになりましたか?

さわ:曲の雰囲気や歌詞の内容など全体を通して、再スタートに相応しいアルバムになりました!
ほり:今までとは違う一面も見えると思います
平井:やっぱり1年間も休んでしまって、復活する際にもし変なCD出してしまったらもう僕らは終わるなと思っていました。最高のCDが復活時に絶対必要だと思ってつくってたんですが、そんな1枚ができたんじゃないかと思います。

■前作SO YOUNGが2016年11月リリースですから音源としてはおよそ2年空きました。こんなにじっくり制作されたのもLONGMANとしてはなかったですよね?

さわ:何度もブラッシュアップできてすごく良かったです!今まではこんなにも時間をかける事が出来なかったので。
平井:とにかく時間だけはあったのでまずはインプット作業からはじめました。そして自分が良いと思う曲を何曲もコピーして自分のやりたい音楽を再認識しました。その作業で得た新しい部分を今までの LONGMANぽさにうまく取り入れることを目標につくりました。

■今までのLONGMANの音源と比べてみて自己評価での変化ってどんな部分なのでしょうか?

ほり:フレーズの引き出しが増えたと思います!
平井:引き出しが増えた分完成度は高くなってると思います。昔LONGMAN聴いたことあるけどあんまやなって思った人にも聴いてもらいたいですね笑

■M-2「WALKING」はタイトルチューンにもなっている楽曲です。楽曲のタイトルをアルバムタイトルにするのは今回が初めてですよね?3人にとってこの曲はそれくらい大事だと?

さわ:はい、大事です。活動休止を頑張って乗り越えて今また改めて前に向かって進みだした私達を表現できていると思います。立場は違えど苦しみを今現在持っている人にも寄り添って少しでも前を向ける歌になったらいいなと思っています。
ほり:表題曲にしたのは復活した僕たちに歌詞がマッチしているって言うのも理由の1つです

■M-4「I KNOW」は前作の「 Realize」からの流れというかLONGMANのキャッチーさだけじゃないクールな部分を見せてくれる楽曲ですね?

さわ:かっこいいでしょ?個人的にはギターに注目してもらいたいですね!
平井:Realizeは好きなんですけどこういうやつでもっと長い曲もつくれるようになりたいなと思っていて。I KNOWのネタ自体はもう4年前くらいからあったんですけど今回作りなおしてみてようやく形になった感じです。僕もギターに注目してほしいです笑

■M-7「IT IS TIME」を聴き終わってアルバム全体振り返ってみてLONGMANの初期衝動的なものを感じた1枚に感じました。バンドとして成長しながらもまたこの新鮮さを手に入れて、よりパワーアップした感じありますね?

ほり:もちろんあります!これから一味違うロングマンを見ていただけたらいいなと思います!
さわ:活動休止という今までにない経験をしたのでそれが良い具合に反映されて良かったです。
平井:ミディアムテンポだし、この曲は僕たちとしては挑戦でした。さっき言ってた”今までのLONGMANに新しい要素を〜”ていうのを一番反映できた曲じゃないかと思います

■この音源を引っさげてのLIVEが決まってると思います、LONGMANのLIVEはどのように進化していると思いますか?

ほり:僕たちなりに熱くて時間を忘れるようなライブに進化していっていると思います!

■ありがとうございます。LONGMANのLIVEと音源を待っていた人たちにメッセージお願いいたします。

さわ:大変長らくお待たせ致しました!休止中皆さんの温かいメッセージに何度も助けられました。ありがとうございます!今度は私たちがその恩返しをする番だと思ってます!ようやくアルバムが出せてライブもできるようになったので、これからまた皆さんと楽しく幸せな記憶をより多く作っていきたいです!!これからもよろしくお願いします!!
(2018.10 No.44掲載)

>>>LONGMAN 公式webサイト