Rearend 17


名古屋を中心に活動する和パンク哀愁メロディックバンド Rearend17がALIVEに登場
1st single 泡沫 Release記念 みいぽん×DSK3 対談!
Interview :Vo&Gt みいぽん / Ba&Vo DSK3


DSK3:みいぽん的には今年の頭にリリースしたNoelとのスプリット「ユートピア」の出来栄えの手応えってどうだったの?
みいぽん:とても良いスプリットアルバムが出来たと思います!ライブもNoelと一緒にやる機会が多くて、やっていくうちに自分の課題が見えたりしました!
DSK3:課題?
みいぽん:ボーカルとしての課題、、です、、
DSK3:そして、その課題を克服したと。
みいぽん:まだまだです!!!
DSK3:スプリットではトリプルヴォーカルなんだけど美味しいところは全部みいぽんに持っていく方針で作ったから改めて思うこともあったかもね?
みいぽん:そうですね〜。美味しくしてくださりありがとうございます!
DSK3:【ウラハラソウル】に関してはみいぽんリクエストでサビが英語になったからねぇ。
みいぽん:英語の方が覚えやすいんですよ〜!
DSK3:英語喋れんくせに(笑)さあ、新譜【泡沫】がやっとリリースされますね!
みいぽん:やったーー!!!
DSK3:今回も俺の中では新しい挑戦をいっぱいしてるんだけどみいぽんわかる?
みいぽん:え!わ、わかりますよ、もちろん、、
DSK3:あっ。わかんねぇなこいつ。まずはM-1「トライアングル」の歌詞は初めてこんなに想像で恋愛のドロドロを書きました。
みいぽん:とてもリアルでびっくりしましたよ、、
DSK3:それをしっとりと大人の女として歌い上げてほしかったわけですよ。
みいぽん:なるほど!
DSK3:できました?
みいぽん:気持ちは昼顔の上戸彩で歌ったんですけどね〜
DSK3:それで完璧よ。世の中は不倫とか浮気が完全に悪って風潮だけど、昼顔が社会現象になる時点で本当はみんな心のどこかでこの歌詞に共感してもらえるはず。そして今までの雰囲気重視じゃなくてRearend17としては初めてすべての音を狙って録っていったのよ。メロディックに近い感覚で。それも初の試み。
みいぽん:斎藤工に恋していた奥様達に一番共感して欲しいですね〜全てが初の試みだったんですね〜
DSK3:そうなんです!M-2「MAY」はもう言うまでもなく。初の正式な音源としてko-kiメイン曲なわけですよ。
みいぽん:これこそ新しいですよね〜!
DSK3:出番少なくて寂しかったでしょ?
みいぽん:ギターに集中できるのでたまにはいいかなと!
(2018.10 No.44掲載)

>>> Rearend 17 公式webサイト