Crispy Camera Club


昨年のデビューアルバム「SWAG」がシーンに衝撃を与えたCrispy Camera Club(以下CCC)が 懐かしく爽やかなサウンドをさらに進化させた2nd Mini Album「ROMA」完成させた!!
ミサト (Vo.Gt.) / 稲本裕太(Gt.Cho) / りんすけ(Dr.Cho.) / 中根トモヒロ(Ba.)


■昨年の10月「SWAG」でデビューして今年の頭には配信限定のSingleもリリースしました。徐々にシーンにCCCが浸透しているように感じますが、実感としていかがですか?!

稲本:実感としてはそんなにないです。なんとなく名前を知られてきてる気はしますが大きなプロップスを得たわけではないと思いますし、もっと精進したいです。

■今年の頭の配信限定でリリースしましたが改めて盤と配信の違いを感じる事ってありましたか?

りんすけ:今はサブスクの時代なのであんまり違いとかよくわからないんですけど、単純にカタチとして残るものはいいなーと思いますね!今回は初めて写真を使ったアートワークにしてみたんですけど渋いしタイトルのROMAってのも少し表現できたんじゃないかなと思います。あと、実は配信用の曲の繋ぎの流れとCDでの曲の繋ぎの流れが少しちがうのでそういったこともふまえて楽しんでもらえたらいいなと思います。

■2nd Mini album「ROMA」が完成しましたね。稲本さんが正式メンバーになっての初めてのアルバムです。今回はどんなレコーディングになりましたか?

中根:前作と主に違う所はミックスです。稲本氏が加入したことで音のバランスをより綿密に調整することができたと思います。前作のギターロック感の良い所を残しつつ、よりレンジの広いポップスの領域を見据えた作品作りが出来たと感じています。

■「SWAG」の時からのCCCとしての進化みたいな部分で探していくとどんな部分が出てきますでしょうか?

りんすけ:そうですね、稲本くんが加入したこともあって前作よりも皆がアイデアを出し合って4人で曲作りをしている意識が強くなった気がします!個々のプレーもなんですが、個人的にはコーラスワークが前作の時よりもうまく落とし込めたなとおもっています!

■「ROMA」というタイトルについて教えてください。

中根:ロマというのはヨーロッパや北インドあたりのジプシーと呼ばれた移動型民族の一部の人達のことです。そもそもその民族達の放浪には目指す場所がなく、旅をすること自体が目的になっています。もしロックバンドを一つの社会や家族だと考えるなら、僕らはロマのようなものだと思い付きました。そもそもミサトの作る曲は旅をテーマにしたものが多いことから、なんとなくロマ音楽やジプシーミュージック的な概念が似合うなと思っていました。今回のアルバムの曲達に共通してる慕情感、恋慕、ペーソス的なニュアンスもロマに当てはまるなと思ったのでタイトルにしました。

■今作収録の楽曲について伺いたいです。M-1「ネイビー・ショア」は夏っぽい楽曲になってますね。どんな時に書いた楽曲なのでしょうか?

ミサト:この曲は海というテーマが最初にあったわけではなかったんです。自分やみんなの中にも尖ってる部分や偏ってる部分ってあると思うんですけど、もっと広い心で物事を見渡してみたら、新しい気付きがあったり、新しい考えに出会えるんじゃないかなと思いました。それを歌詞にしようとしたとき、ふと海の様子に当てはめられるなと思いついて書きました。

■M-2「エンディングロール」を聴かせてもらって、CCCは1曲づつ丁寧にサウンドメイクをしているなぁと。音を確定させる時の基準ってどのような所にあるのでしょうか?

稲本:ミサトが曲を持ってくる時点でざっくりしたイメージがあるときも、あわせていくうちに形が出来上がるときもどちらもあります。こちらは前者で、80’sの空気をイメージしたサウンドですね。この曲の場合骨格は80’sでも音選びを現行のものにしようと意識しました。boy pabloを参考にシンセを入れて、ギターフレーズも気に入っています。音の左右への振り方や重ね方のこだわりが特にうまく効いている曲だと思います。

■M-3「BIG EASY」はAメロからほぼツインヴォーカル並みのバランスで2声が前に出てきますね?これはCCCでも初の試みでは?

りんすけ:ここまで男女ガッツリ二人が歌うのは初めてですね!以前オーストラリアのBabaganoujと対バンした時から私とミサトで男女混声で歌う曲を作りたいねって話をしていたので稲本くん加入してくれるからには稲本くんとミサトがガッツリ歌う曲をつくるでしょ!ってなりました。笑 それをうまく当てはめられそうだったのでこのアレンジにしました。この稲本くんのコーラスはレコーディングの時にその場でつけてました!

■そしてこの「エンディングロール」や「BIG EASY」は2分台で曲がまとまっているんですよね?曲を長くしないというのはどういった狙いがあるのでしょうか?

稲本:長い曲好きじゃないんです。音楽性にもよるし意味がある長さならもちろんありですけど、あくまで今やってるフィールドにおいては短いほうがいいなと。ジョニー・マーが何かで言っていた「3分間に収められないものはポップソングじゃない」という言葉が好きで、めちゃくちゃ共感するし拠り所ですね。

■M-4「ひとりぼっちのレイニーレイン」の歌詞の世界観をすごく何度も見ながら聴かせてもらったのですが、どうしてもわからなくて・・・教えてください。

ミサト:基本的に私の曲って、なんとなく自分の中にある孤独感が根底にあったりもするんですけど、この曲はそれが表に出てる曲というか。新しい扉を開いて孤独から抜け出したい気持ちと、自分のことは自分が一番よくわかってるし誰にも分かるはずがないっていうそういう閉ざした対極の気持ちを書きました。でもみんな好きなように解釈してほしい曲でもあります!

■M-5「Peggy Jean」はVoにもエフェクトがかかっているなどCCCの楽曲の中でも異色な曲になっていますね?

ミサト:そうですね、これはかなりビートルズな曲になってるのですが、ボーカルもそのイメージです。あとはメロトロンがストロベリーフィールズなのはバレバレだと思うんですが、メロトロンの他にもビートルズが隠れてたりしてて。2番に出てくるサビ前の”I think such a simple thing the best”って被せてるコーラスがこの曲のお気に入りの部分なんですけど、ここのエフェクトはビートルズのマジカルミステリーツアーの頭の感じをイメージしました。

■この楽曲は全編英詞ですがミサトさん的には英語と日本語で歌うのは違いが出ますか?

ミサト:基本的には日本語で歌いたいとは思ってるんですけど、たまに、自分的に日本語で言うのが恥ずかしいような直接的な表現がわいてきたときに英語にして歌ったりしています。あと、やっぱり洋楽を聴いていると英語で歌うことにはいつも憧れがあるので、たまには英語の曲を作ることにしていますね。

■M-6「ティンセルタウン」は今作VerのMIXという事ですが、配信の時との違いや意識したことがあれば教えてください。

中根:実はティンセルタウンは前作SWAGのレコーディングの時にすでに録音していた曲なのですが、前作と今作ではミックスがかなり違っているので、今作の曲達と並べても違和感なく聴けるようにミックスのベクトルを整えたという感じです。

■ありがとうございます。改めて「ROMA」どんなアルバムになりましたか?

ミサト:稲本くんが正規メンバーになり、前作よりも全員で作ったという感じがあって、よりCrispy Camera Clubな1枚になりました。聴く度に新しい発見があればいいなと思うし、何度も聴いてほしいです!というか何度聴いても飽きない1枚だと思うので。
りんすけ:前作よりもいいアルバムができました!ぜひ音源をきいて、ライブにも遊びに来てください。
中根:アバンギャルドなものを作るつもりは全くなく、自然とアウトプットされたニュアンスをそのまま録音した背伸びしていないミニアルバムです。多くの人の日常に芳ばしい風を吹かせるような、自然と体が動き出すような作品になると嬉しいです。
稲本:サウンドメイクへのこだわりが結実したいい音源になりました。今の名刺です。
(2019.08 No.49掲載)

>>>Crispy Camera Club 公式ホームページ